PEライン結束 SCノット

ライン
本ブログへアクセス頂きありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ画像のクリックをお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
クリックしてくれた方に良き魚が釣れますように(_人_)

FGノットが苦手な方って多いと思います。

自分も苦手です。

そんなFGノット苦手なユーザにおすすめなノットがあります。

それがSCノットです。

スポンサーリンク

SCノットとは

SCノットとは “ショックアブソーブド・キャプテンノット”が正式名称で、

そして考案したのが新潟の遊漁船“アシストクラブ金進丸”の船長さんらしいです。

スポンサーリンク

強度

強度もかなりのもので、結束強度は95~100%とのこと。

簡単なのにこの結束強度は反則ではないでしょうか?

ジギング魂さんが強度を測定しています。(すごいなぁ・・・)

スポンサーリンク

結び方

  1. PEラインを2つ折りにする
  2. リーダー本線に2つ折りにしたPEラインを25~30回前後巻きつける
  3. PEラインの折り曲げて出来た輪っかにリーダーの端糸を通す
  4. PEラインを締め込む

言葉だけだとわかりにくいですよね。。。

ということでここは文明の力(YouTube)をおかりしましょう。

TSURIHACKさん助かります!

スポンサーリンク

カラビナを使った方法

結び方で説明した手順2をもっと簡単にスピーディにできるんです。

それがカラビナを使った方法!

百聞は一見に如かず

ということで、こちらも文明の力を使いましょう。

スポンサーリンク

実践

自分はいつもスプリットリングオープナー付きのハサミでやっています。

※多分PEラインにダメージを与えているのでカラビナをおすすめします。

カメラのマクロ機能があまりよくないので、分かりにくい画像となっています。(申し訳ないです)

マクロレンズ買うか?汗・・・

それでは最後までお付き合いください。

PEラインを2つ折りにして輪っかを作って、リーダに添わせる。

輪っかをオープナーで挟んで

持ち上げて。。。

あとはこのハサミの重さを利用してリーダーにPEを巻きつていく!!!

ハサミを輪っかからはずす。

この輪っかにリーダーの端糸を通す。

締め込んで、、、

リーダ本線とPEライン本線をPEラインの端糸を使ってハーヒッチで編み込む。

はい完成。

本当に簡単です。釣り場でもすぐ組めるのでおすすめです!!!

スポンサーリンク

まとめ

  • 簡単で尚且つ早いのに強度もある
  • 道具を使えばもっと早く組める
  • FGノットが苦手な人におすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました