上関メバリング 魚子メタルでボウズ回避しました

メバリング
本ブログへアクセス頂きありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ画像のクリックをお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
クリックしてくれた方に良き魚が釣れますように(_人_)

この前の釣行について書きます。

その日はワームに無反応・・・

魚いるの?っていうくらいに反応がありませんでした。

以前の記事で紹介したキメラベイトも炸裂せず。。。

アジングにおすすめしたいワーム
誰しもが絶対的に信頼しているワームってあると思います。 賛否あると思いますが、個人的に信頼しているワームを紹介します。 パイロットワーム 魚の存在を判断するために初めに投げるワームになります。 アジ職人 海についたらまずこれを...

で、そっとタックルケースに忍ばせておいた魚子メタルを投げてみると

アタリが!!!

ちなみにサイズと色は0.6gのブルピンカラーです。

ガツンと合わせましたが、なんと合わせギレ。。。

辛すぎる!

0.6gは一つしかなかったのでさらにショック。

次は2.0gのアカキンラメでリベンジ!

リフト&フォールを繰り返した結果・・・

メバルさんが来てくれました。

ボウズはなんと回避できました。

ほんと忍ばせておいてよかった!

 

スポンサーリンク

魚子メタル

魚子メタルはRUDIE’Sから出ているマイクロ系メタルジグになります。

エステルラインや極細PEを使ってそのままキャスト!!ジグヘッドでは届かない竿抜けエリアを狙えるほか、シルエットも小さい為、今までバイトまで持ち込むことが出来なかったターゲットに口を使わせることが可能。アジをメインターゲットにしつつも様々なターゲットをキャッチ!!

出典:RUDIE’S

最近マイクロ系のメタルジグ流行っていますよね。

この魚子メタルは左右非対称のボディになっていてフォール中はヒラヒラと落ちていきます。

ヒラヒラしながら落ちて行くので、

常夜灯の灯り下で使えばさらなるフラッシング効果で魚にアピールできると思います。

初心者でも簡単に扱えるのでオススメです。

メリット

  • 様々な魚種に対応している(5種目以上だって夢じゃない)
  • カラー、サイズのラインナップが多い(以下の画像になります)

出典:RUDIE’S

  • ワームに比べて飛距離が出る
  • 風が強くても対応できる

デメリット

  • ロストすると結構なダメージ

ロストした0.6gのブルピンは今度仕入れときます。

参考動画

金丸プロが使い方等をYouTubeで説明してくれています。

スポンサーリンク

魚子シリーズ

実はRUDIE’Sからは魚子メタル以外にも魚子***なるルアーが存在しています。

それが、魚子メタルひらりと魚子バイブ

魚子メタルひらりはトリプルフックなので根掛かりが怖いですね。。。

この2つもカラーとサイズのラインナップが多いです。

欲しい・・・

スポンサーリンク

まとめ

  • ワームがダメな日はメタルジグを投げてみる(ボウズ回避できるかも)
  • タックルケースに魚子メタルを忍ばせておくこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました